SDGsとは?

2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された「持続可能なための2030アジェンダ」。
この中には、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための17のゴールと169のターゲットからなる国際目標が記載されており、これが「持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals (SDGs)」です。

SDGs採択に至る背景

国連は1945年に設立されて以降、国際の平和と安全の維持、人権、地球環境など、人類の普遍的な目標達成のために活動を続けてきました。2000年、人権問題にフォーカスした「ミレニアム開発目標(MDGs)」が国連で採択され、その達成に向けた努力により、極度の貧困状態の人々は1/3に減り、5歳未満で命を落とす子どもが半減するなど、多くの前進がありました。国際社会が数値目標を掲げたことが、多くの成果につながってきたのです。
しかし達成期限の2015年が近づくにつれ、進展の陰に取り残された人々がいることや、社会問題に対する環境要因の大きさ、政府・非営利活動法人などが行う支援/寄付の脆弱性など、MDGsではカバーしきれない課題があることもわかってきました。

2015年9月「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える国の首脳が参加して、MDGsを受け継ぐ2030年までの新たな目標となる「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030 アジェンダ」が採択されました。
この中にある、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための17のゴールと169のターゲットからなる国際目標、これが「持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals (SDGs)」です。
MDGsでの経験を受け、別ユニットで議論されていた地球環境に関する問題や持続可能な開発会議での議論を統合し、産業界を含む多くのステークホルダーを巻き込んだオープンプロセスにより策定されました。

MDGs
出典:ミレニアム開発目標(MDGs)報告 (国連広報センター)

 

世界を変革する17のゴール

「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030 アジェンダ」に掲げられた17のゴール。 これは全ての人々のアジェンダであり、すべての次元で、そしてすべての場所で、不可逆的に貧困に終止符を打つための行動計画として策定されました。17のゴールを伴うアジェンダは、幅広く野心的であり、「誰一人取り残さない」という国連加盟国の強い意志を反映しています。また、貧困に終止符を打つには、経済成長を促し、教育、健康、雇用機会を含む幅広い社会的ニーズを充足することが必須であり、また、気候変動と環境保護に取り組む戦略も必要であるように、それぞれのゴールが単独のものではなく、統合的であることも強く意識しています。

(各ゴールのアイコンをクリックすると、ゴールに紐付くターゲットが確認できます。)

SDGsを支えるESGと5つのP

持続可能な開発とは、「将来の世代がそのニーズを充足する能力を損なわずに、現世代のニーズを充足する開発」と定義されています。
これは、人々と地球にとって、包摂的で持続可能かつ強靭な未来に向けた取り組みを必要としていることを意味しています。
持続可能な開発目標を達成するためには、「経済成長、社会的包摂、環境保護」という3つの要素を調和させることが欠かせません。これらの要素はすべて、相互に関連しているだけでなく、安寧に不可欠だからです。

また、SDGsの各ゴールとターゲットはいずれも、人間、豊かさ、地球、平和、パートナーシップという極めて重要な分野に分類でき、今後15年間の行動が本当の意味で世界の変革を目指していることを象徴しています。

 

– 人間(People) –
あらゆる形態と次元の貧困と飢餓に終止符を打つとともに、すべての人間が尊厳を持ち、平等に、かつ健全な環境の下でその潜在能力を発揮できるようにする(目標1、2、3、4、5および6)。

– 豊かさ(Prosperity) –
すべての人間が豊かで充実した生活を送れるようにするとともに、自然と調和した経済、社会および技術の進展を確保する(目標7、8、9、10および11)。

– 地球 (Planet)–
持続可能な消費と生産、天然資源の持続可能な管理、気候変動への緊急な対応などを通じ、地球を劣化から守ることにより、現在と将来の世代のニーズを充足できるようにする(目標12、13、14および15)。

– 平和 (Peace)–
恐怖と暴力のない平和で公正かつ包摂的な社会を育てる。平和なくして持続可能な開発は達成できず、持続可能な開発なくして平和は実現しないため(目標16)。

– パートナーシップ(Partnership) –
グローバルな連帯の精神に基づき、最貧層と最弱者層のニーズを特に重視しながら、すべての国、すべてのステークホルダー、すべての人々の参加により、持続可能な開発に向けたグローバル・パートナーシップをさらに活性化し、このアジェンダの実施に必要な手段を動員する(目標17)。

国内の取り組み

2016年5月、持続可能な開発目標(SDGs)に関わる施策の実施において、内閣総理大臣を本部長とする「SDGs推進本部」が設置された。また、SDGsの達成に向けた国内の取り組みを広範な関係者が協力して推進していくため、行政,NGO,NPO,有識者,ミカンセクター,国際機関,各種団体等の関係者による意見交換の場として「SDGs推進円卓会議」も開催されている。
SDGs推進本部による中長期戦略を指示した「SDGs実施指針」、具体的な施策を示す「SDGsアクションプラン」を定め、各省庁においてそれぞれの分野での取り組みが進められている。

🔳 SDGs推進本部 (Webサイト)
  >SDGs実施指針(2019年12月 改訂版) (PDF)
  >SDGsアクションプラン2021 (PDF)
🔳 内閣府
  >地方創生SDGs(SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業) (Webサイト)
  >地方創生SDGs官民連携プラットフォーム (Webサイト)
🔳 外務省
  >JAPAN SDGs Action Platform (Webサイト)
  >ジャパンSDGsアワード (Webサイト)
🔳 経済産業省
  >SDGs経営ガイド (Webサイト)
🔳 環境省
  >環境省ローカルSDGs~地域循環型共生圏づくりプラットフォーム~ (Webサイト)
🔳 文部科学省
  >ESD 持続可能な開発のための教育 ポータルサイト (Webサイト)
  >STI for SDGs (Webサイト)

また、行政だけでなく関係機関、団体においてもSDGs達成に向けて声明を発表し、所属組織におけるSDGsを推進している。
加えて、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の発展に伴い、個人レベルでの活動も盛んに行われている。

トップへ戻る